ホーム>栗本動物病院ブログ>2015年10月

2015年10月

「はい、栗本動物病院です。」更新しました。おしっこの巻

おしっこ検査は痛くない!怖くない!ただ、コップに入れて検査をしてもらうだけなんです。

人は病院のトイレでおしっこをコップに入れて検査窓口に置いておけば尿検査してもらえますね。

ワンコ、ニャンコに動物病院の診察室で自然排尿してもらうのは、ほとんど無理なので「家で尿を取ってきてください。」とお願いしています。

飼い主さんは、いろいろ工夫をして尿を持って来てくれます。「おしっこ取れました~」なんかうれしそうな時があります。大事なコの健康を願っての事です。「うまく取れてよかったですね。尿検査できますね。」

尿には、いろんな情報が詰まっています。尿検査は大切です。

家で採尿が難しい場合は、圧迫排尿や尿道カテーテルを使った採尿もあります。

 

http://d.hatena.ne.jp/kurimotoah 「はい、栗本動物病院です。」

「はい、栗本動物病院です。」更新しました。

誤飲で困るものは、身近に沢山あります。飲み込んでも問題のない物ならば良いのですが、運悪く何らかの症状を起こしてしまうものが厄介です。

食べ物でも、喉に詰めてしまったり、消化がとても悪いものだったり、食品ではない物では胃の中に長い間停留したり腸につまったりしてしまうことがあります。

飲み込んだものが分かっていると処置が早く出来ます。

早めに治療できたコは回復も早いのですが、いつ、何を飲み込んだのか分からず、食欲不振・嘔吐など体調不良で来院すると検査をして病因を探す時間がかかります。

桃の種、どんぐり、靴下、湿布薬、ビー玉、ボール、ボタン、消しゴム、縫い針等といろんなものがあります。

誤飲させないためには人間が気配りをしてあげることです。一緒に楽しく暮らすために、身の回りを確認してみませんか

 

http://d.hatena.ne.jp/kurimotoah 「はい、栗本動物病院です。」

 「はい、栗本動物病院です。」更新しました。痒いんですの巻

10月に入り、お散歩にいくのもちょうどよい天気になってきました。

当院のちびっ子プードルは、9月下旬から体の痒みに悩まされています。

飼い主はあまり気にもしていなかったのですが、ある日気が付いて見てみると、脇腹や足先や尾の付け根をベロベロと舐めて赤くなっていました。

「膿皮症になってる!!」と即座に診断し、外用薬と薬用シャンプーで様子を見ることにしました。シャンプーがしやすいように毛を短くしました。

まだ、ちょっと痒いところもあります。「病院行こうね・・」と診察台にのせて薬を塗ってると、台の上でプルプル震えています。

「ここ、うちなんだけどなぁ・・・」

 

http://d.hatena.ne.jp/kurimotoah 「はい、栗本動物病院です。」